ガスコンロの買い替える際の注意

ガスコンロ選びはサイズとガスに注意

自炊をする人は必ずガスコンロが必要になると思います。一人暮らしでも家族がいる家庭でもガスコンロは必需品でしょう。ガスコンロは家電量販店に行けば簡単に購入できますが、見た目も機能もいいからといってその場で購入してはいけません。ガスコンロを購入する場合は、必ず前もってガステーブルのサイズや地域のガスの種類を把握しておくことが必要です。
ガスコンロのサイズにはコンパクトのものと標準サイズがあり、家の作りによってはコンパクトなガスコンロしか収まらないこともあります。なのでどの家庭も標準サイズがぴったりだからといって、家の設置する場所のサイズを測らずに購入してはいけません。購入してから設置できないと言って返品することができればいいのですが、返品できない場合もありますので注意が必要です。
またガスの種類も重要となってきます。住まいの地域がプロパンガスか都市ガスかということを理解してないと、ガスに合わせてガスコンロは作られていますので、購入しても使えません。サイズがぴったりでもガスが違えば使うことができませんので、よく理解して購入することが大切です。サイズとガスの種類さえ把握してれば、購入しても困ることはありませんので、気に入ったものを使うことができるでしょう。料理を作る時に素敵なガスコンロだと気分も変わってくることだと思います。

ガスコンロの買い替え時のポイント

毎日の料理や飲み物に欠かせないのがガスコンロです。急にガスコンロが壊れてしまうと食事すら作れなくなりますから、困るという方がほとんどでしょう。しかしガスコンロもいずれは寿命がきて壊れてしまいますから、そうなる前に買い換えるのが無難です。
ガスコンロのタイプや使い方、手入れの仕方や使用頻度によっても寿命の長さは違っていますが、大体10年から15年くらいです。火が点きにくくなったとか火力調節しにくくなったとか、オレンジ色の火が増えてきたなどの現象が見られるようになったら要注意です。ガスコンロの調子がおかしくなっていて寿命に近づいていますから、買い替え時が近づいています。また2口コンロで片側のみ使えなくなったとか、下のグリルが壊れた場合にも、早めに買い替えるのがおすすめです。
システムキッチンのような大掛かりなものではなく、テーブルタイプのガスコンロなら家電量販店などで安く購入できます。自宅で使っているガスが都市ガスなのかプロパンなのかを知っておいて、店内を見て回ってサイズや使いやすさを基準に選ぶのが良いでしょう。最近は機能性に優れたものもたくさんありますから、予算に合わせて欲しい機能が付いているタイプを選ぶと料理の時短にもなります。